【書籍掲載】東京おもちゃ美術館の廃校活用の様子が紹介

東京おもちゃ美術館の廃校活用の様子が書籍で紹介

『よくわかる!公共建物の長寿命化Vol.4~廃校を新しい利用方法で再活用~』にて、東京おもちゃ美術館の廃校活用の様子が紹介されました。当館の事業や地域連携などについて、建物の歴史を踏まえた内容をご覧いただけます。

体験型ミュージアム『おもちゃ美術館』の魅力とは?おもちゃを創る、遊ぶ、学ぶ。家族で楽しめる施設を徹底紹介! | HugKum(はぐくむ)

東京おもちゃ美術館の歴史などが記載

本書では、旧第四小学校跡地を利用した「四谷ひろば」(地域住民中心のボランティアなどにより自主管理自主運営される「地域ひろば」と「東京おもちゃ美術館」「CCAAアートプラザ」の協働で運営される施設)の事業がオープンするまでの沿革などが詳細に記載されています。また館内の写真も掲載されており、「おもちゃのもり」やおもちゃの展示室等、東京おもちゃ美術館全体の様子を見ることもできます。 本書を通じて当館の歴史などを知っていただき、お越しいただいた際により一層その魅力に体感していただけたらと思います。

東京おもちゃ美術館

_____________

【書籍概要】

『よくわかる!公共建物の長寿命化Vol.4~廃校を新しい利用方法で再活用~』

発行年月日:2023年6月24日 

編著者:天神良久

発行所:クレヴィス

_____________