沖縄県がウッドスタート宣言 「木育サミット」沖縄で初開催

琉球王国の木育や首里城の復興など、シンポジウムを開催

木に親しみ、木を活かし、木とともに生きていく「木育」の活動を、より多くの方々に知ってもらうため、2014年から開催されている「木育サミット」。

世界自然遺産に登録されたやんばるの森を擁する、沖縄ならではの木育を進めていくために、森のあるエリア、都市部のエリア、県内さまざまな地域の人たちが分野・職種など問わず、一堂に会する「沖縄 木育サミット」を開催いたします。

プログラム

開催概要

日時:2023年1月15日(日)13:00~16:15
会場:琉球新報ホール(沖縄県那覇市)
参加:参加費無料(事前申し込み制)

主催:NPO法人芸術と遊び創造協会
共催:沖縄県、国頭村
後援:(一社)沖縄県私立保育園連盟、株式会社琉球新報社、株式会社沖縄タイムス社

特定非営利活動法人 芸術と遊び創造協会(本部:東京都新宿区、理事長:多田千尋)は、木に親しみ、木を活かし、木とともに生きていく「木育(もくいく)」の活動を、より多くの人に知ってもらうため、2014年から「木育サミット」を開催しています。

記念すべき10年目となる今年は、全国版での開催とともに、地域版としての「沖縄 木育サミット」を開催いたします。首里城正殿の復元に向けて、その一部に県産木材のオキナワウラジロガシが活用される動きや、生物多様性の豊かな「奇跡の森」と呼ばれるやんばるの森が2021年には世界自然遺産に登録されるなど注目も高まっています。いま、沖縄だからこそできる木育の姿を探りながら、森・海・まちがつながる沖縄の木育推進を目指します。

「沖縄 木育サミット」 開催概要                                              
▶イベント名:沖縄 木育サミット
▶開催日 2023年1月15日(日)13:00~16:15/12:15開場・受付開始
▶会場名 琉球新報ホール(沖縄県那覇市泉崎1-10-3)
▶開催体制   主催 特定非営利活動法人 芸術と遊び創造協会/東京おもちゃ美術館
                 共催 沖縄県、国頭村
後援 (一社)沖縄県私立保育園連盟、株式会社 琉球新報社、株式会社 沖縄タイムス社
2022年度 林野庁補助事業

▶ホームページ:https://business.form-mailer.jp/lp/7a35091e141136 ※事前予約制

「沖縄 木育サミット」 プログラム

                          

▶プログラム
●来賓挨拶    林野庁 長官 織田 央
●ウッドスタート宣言 調印式
  (沖縄県 副知事  照屋 義実、NPO法人芸術と遊び創造協会 理事長 多田千尋)
●基調講演1
琉球王国の木育政策と首里城の復元 (琉球大学 名誉教授 高良 倉吉)
●基調講演2
木育で躍動する地域 ~ウッドスタートは何をもたらすのか?~(芸術と遊び創造協会 事務局長 馬場 清)
●パネルディスカッション
沖縄での木育推進に向けて ~森と海とまちをつなぐ木育~
・コーディネーター:
公益財団法人みらいファンド沖縄 副代表理事 平良 斗星 氏
・パネリスト
  西原保育園 園長 糸数 国浩 氏
  看護師・国頭村公認森林セラピーガイド 宇良 梨枝子 氏
    沖縄女子短期大学2年 生盛 翔大 氏
    やんばる森のおもちゃ美術館 館長 多田 千尋
●閉会挨拶 (国頭村長 知花 靖 氏)
――――――――――――――――――

●木育推進ミュージアム 「やんばる森のおもちゃ美術館」

世界自然遺産に登録された「やんばるの森」を遊びながら感じる体験型・木育推進ミュージアム。館内では、イタジイやリュウキュウマツなど、やんばるの森で育った木から作られたおもちゃで遊ぶことができ、そのぬくもりや美しさに触れることができます。
2025年には、隣接して多目的施設が建てられ、リニューアルオープンを予定しています。

所在地:沖縄県国頭郡国頭村字辺士名1094-1 国頭村森林公園内
URL:https://www.kunigami-forest-park.org/toy_museum/
開館時間:10:00~16:00(最終入館15:30)
休館日:毎週木曜日、年末年始ほか

やんばる森のおもちゃ美術館 館内の様子

リニューアルオープン後のイメージ  

●法人概要
当法人は、「人間がはじめて出会う芸術は、おもちゃである」をフィロソフィーとして、「芸術」と「遊び」、「おもちゃ」によって、親子などの多世代交流を促す活動を推進しています。遊びのコーディネートや手作りおもちゃの指導、人材育成事業を通じ、日本に良質な遊びを広めることで日本各地のさまざまな地域が豊かになる支援をしています。

●法人名:特定非営利活動法人 芸術と遊び創造協会
所在地:東京都新宿区四谷4-20 東京おもちゃ美術館
URL:https://art-play.or.jp/
主な事業:東京おもちゃ美術館・福岡おもちゃ美術館・やんばる森のおもちゃ美術館運営、姉妹おもちゃ美術館の設立・運営支援、木育推進事業(ウッドスタート事業)、グッド・トイ選定普及事業、専門家の育成事業、病児の遊び支援

アクティビティ・ケア全国大会 開催間近!

今年も、全国の施設から生中継
利用者も一緒に心と身体を活性化

開催に向けて

・高齢者アクティビティ開発センター 代表 多田 千尋

withコロナの時代と言われながらも、介護関係者にとっては未だ研修にでることもままならない状況が続き、丸3年が経とうとしております。そのような状況でも全国の仲間たちは、より一人ひとりのご利用者さんに目を向け、また一方ではスタッフの特技を活かし、アクティビティ・ケアの充実を図っています。

オンラインでの全国大会も3回目になりますが、1回目より2回目の方が、あきらかにご利用者さんたちがオンラインに慣れてきていることが驚きであり、人はいくつになっても進化できるのだとあらためて感じた瞬間でした。今回はより一層楽しんでもらえるように計画しておりますので、この全国大会を通して相互に情報を交換しあい、アクティビティ ディレクターの知恵と工夫を結集しましょう。お会いできることを楽しみにしています。

概要

■開催日:2023年1月21日(土)、28日(土)
(各開催日の2日後~2月28日(火)まで録画視聴可能です)

■参加費:

《一般》 個人:4,000円 団体:6,000円
《学生》 個人:2,000円
《会員》 個人:3,000円 団体:5,000円

■主催:高齢者アクティビティ開発センター・芸術と遊び創造協会
■単位付与:アクティビティ・ケア全国大会は、専門資格の更新単位付与対象になっています。

日本認知症ケア学会「認知症ケア専門士」、日本作業療法士協会 SIG認定「基礎ポイント」、日本認知症予防学会「認知症予防専門士」

プログラム

1日目 午前 10:00~12:00
スキルアップセミナー

<開会あいさつ> 
・多田千尋(高齢者アクティビティ開発センター 代表)

<特別企画>団塊世代にも好評!椅子タップダンスに挑戦!
・Lily(Tap Dance Company Freiheit 主宰・社会貢献活動 Freiheit Tap Contribution Project 発起人・タップアーティスト/東京・New York)

椅子に座ったまま誰でも安全に参加できる「椅子タップダンス」は、転倒予防や動脈硬化の予防、認知機能改善、ADLの向上にも効果的。NHKあさイチ等でも大人気の「椅子タップダンス」を、プロのタップアーティストであり発案者のLily先生から学びます!

<お楽しみ企画> アクティビティ・ケア宣言施設 オンラインツアー

みなさんの「見学に行ってみたい!」の声にお応えして、熊本の施設から生中継!
施設やアクティビティの様子を臨場感たっぷりにご紹介いただきます。
・吉本 洋((社福)恵寿会 老人総合福祉施設 グリーンヒルみふね 統括施設長/アクティビティ ディレクター /熊本)
・野田拓司((社福)恵寿会 認知症高齢者グループホーム グリーンヒルましき ホーム長/アクティビティ ディレクター /熊本)

<活動実践報告>機能訓練アクティビティの実践施設から学ぶ
機能訓練としてアクティビティ・ケアを実践する2つのアクティビティ・ケア宣言施設から、心と身体を活性化する機能訓練アクティビティの取り入れ方を、事例と共にご発表いただきます。

報告(1)看護師の視点から考える個別アクティビティ
・本多陽子((社福)白寿会 地域密着型特別養護老人ホーム アメニティいわど 看護師/アクティビティ ディレクター/長崎)
機能訓練指導員としてメイクやネイルなどの美容アクティビティや手工芸を実践してきた本多さん。
ご利用者さん一人ひとりに合わせた機能訓練としてアクティビティ・ケアを取り入れるポイントを、看護師の視点からもお話しいただきます。

報告(2)スタッフの特技を活かした、選べるアクティビティ・プログラム
・四本 剛((特)ひだまり デイサービス 福寿苑 介護福祉士/アクティビティ ディレクター/茨城)
スタッフの特技を活かして「一人一アクティビティ」を目標に掲げる福寿苑。
デイサービスで当日行われている様々なアクティビティの様子や、どのように計画し機能訓練に繋げているのかをご紹介いただきます。

<受賞記念講演> アクティビティ・トイを使用した機能訓練の試み
全道老人福祉施設研究大会での発表で最優秀賞を受賞された、アクティビティ・トイを用いた効果的なリハビリに繋げる秘訣をお話しいただきます。
・桂 裕二((社福)扶躬会 特別養護老人ホーム 鶴の園 作業療法士/アクティビティ ディレクター講師 /北海道)

1日目 午後 13:30~15:30
<実践1 リハビリ>誰もが主役!のアクティビティプログラム

利用者さんと一緒に「スローエアロビック」を楽しんだ後、体験プログラム立案の過程と、寝たきりの患者さんが職業歴を生かしたアクティビティにより自宅生活ができるようになった事例から、ケアをする人・される人、双方が主体的にかかわれるプログラムについて、リハビリの専門家とともに考えます。

〈実践者〉 利用者さんの「したい」をかなえるプログラムの考え方
・川辺大樹((社医)孝仁会 釧路孝仁会記念病院 リハビリテーション部 理学療法士/アクティビティ インストラクター/北海道)

〈実践者〉 利用者さんもスタッフも一緒に楽しむ「スローエアロビック」
・宮下綾子((社福)釧路創生会 介護老人保健施設 老健たいよう 作業療法士/アクティビティ ディレクター/北海道)

〈進行〉

・桂 裕二((社福)扶躬会 特別養護老人ホーム 鶴の園 作業療法士/アクティビティ ディレクター講師 /北海道)

1日目 終了後 16:00~
オンライン交流会

職種や興味などに合わせ、いくつかのグループに分かれてオンラインで交流します!

2日目 午前 9:00~12:00
<実践2 手工芸>身近な素材で季節を楽しむ作品づくり

今回もアレンジが楽しい作品をご紹介!素材選びから作品の活用法までを一つのアクティビティとして考えます。創造力をふくらませて、利用者さんと一緒に素材を集めるところから作品づくりを楽しみましょう。

〈実践者〉 ちぎって貼るだけ!ペットボトルキャップの花モチーフ
・合津智美(デイサービスセンター グッディ 施設長・介護福祉士/アクティビティ ディレクター/神奈川)

〈実践者〉 捨てる前に考えよう!身近な素材で今日からあなたもアーティスト
・有田昌代(桜美林大学老年学総合研究所 連携研究員/アクティビティ ディレクター/神奈川)

〈進行〉
・木﨑美江(特別養護老人ホーム さくら苑 看護師/アクティビティ インストラクター講師/東京)

〈アドバイザー〉

・ 山口裕美子(障害者支援施設 東京都八王子福祉園 非常勤講師/アクティビティ ディレクター講師/東京)

2日目 午後 13:30~15:30
<実践3 おもちゃ>施設対抗!アクティビティ・トイオリンピック

楽しく心と身体を活性化!昨年大好評だったアクティビティ・トイオリンピックの第3回大会を開催します。オンラインで全国の施設と共に楽しみながら競い合いましょう!
施設内で予選会を行ったり、飾りつけや応援団結成など、施設の雰囲気も盛り上げて本番に臨めばより一層楽しめます。
各競技の優勝者には記念の盾が贈られますので、優勝を目指してがんばりましょう!
<競技種目>

「マグネットダーツ」「ワードスナイパーキッズ」「カラーコード」「スティッキー」

〈進行〉
・小平有紀(ナチュラルセラピーインテグレート 代表・アロマセラピスト/アクティビティ インストラクター講師/東京)・

・磯 忍(高齢者アクティビティ開発センター 主任研究員・認知症予防専門士指導者/千葉)

〈アドバイザー〉
・松田 均(一般社団法人 アクティビティいわて 理事長・作業療法士/岩手)

詳細・申込

「芸術と遊びらぼ」ホームページからお申込みください。


滋賀県甲賀市がウッドスタート宣言

信楽焼や忍者で有名な甲賀市は、県内林業の中心地

岩永裕貴市長(左)と当法人理事長とで調印式

2022年11月24日、滋賀県の甲賀市がウッドスタート宣言をおこないました。全国で57番目、滋賀県の市町では初のウッドスタート宣言でした。

忍者や信楽焼で有名な甲賀市ですが、肥沃で降水量も多いこの地域では良質な甲賀ヒノキが生産される県内林業の中心地でもあります。

2022年の「第72回全国植樹祭」でメイン会場となった「鹿深夢の森」が当日の舞台となり、全国植樹祭のレガシー事業として、このウッドスタート宣言へと繋がりました。

調印式当日は、滋賀県の三日月大造知事からもお祝いのメッセージが届き、県と市がこれからも協力し合いながら、木育の推進を図っていこうという一体感に包まれました。

市内の林業、木工関係者の皆さんや、子育て支援、木育に関わる方々まで、多くの市民が参加し、明るく前向きな調印式となりました。

木育円卓会議も同時開催

ウッドスタート宣言調印式のあとは、「木育円卓会議」を開催しました。

「木育円卓会議」とは、森林や林業・林産業に関わる「木の専門家」たちと、行政や幼保園など「子どもの専門家」たちが一堂に会して円卓を囲み、木育を取り組んでいくための仕組み作りや協力体制の基盤作りを目指して様々な議論を行うものです。

甲賀市では自然観察員や工務店、子育て支援団体など民間の方がすでに木育への取り組みを始めており、少しずつ木育の輪も広がっています。木育円卓会議では甲賀市の木育活動をずっと引っ張ってこられた木育インストラクターの方を中心に、課題の共有や意見交換がなされ、これからも連携、交流を図りながら子どもたちへつなぐ未来のためにできることを進めていこう、と相互に確認し合うことができました。

今回、県・市・市民のみなさんがとても明るくコミュニケーションを取られている様子が印象的でした。
これから甲賀市が滋賀県内の木育のフロントランナーとして取り組みを進めていかれることを期待しています!

【開催報告】デイサービスでの手工芸で飾るクリスマス

【開催報告】『高齢者の楽しいアクティビティ入門』手作りカードを飾るクリスマス

11月25日、宮地和広さん(アクティビティ ディレクター18期)を講師にお迎えし、デイサービスセンターの手工芸について学びました。

実践は、クリスマスカードづくり。色画用紙をベースに、フェルト、折り紙、水引、シール、水彩画等を使って、さまざまな表情の作品が出来上がりました。作品を置くスペースがない…という悩みも壁掛けの工夫で解決。たのしいクリスマスになりそうですね

来年1月開催の「アクティビティ・ケア全国大会」 でも、手工芸実践をいたします。
詳細はこちら⇒https://www.aptycare.com/forum_zenkoku.html

第13回「アクティビティ・ケア全国大会」 オンライン
~本人の希望や楽しみをケアに活かす!
 機能訓練や生きがいにつながるアクティビティ・ケア~

高齢者アクティビティの手工芸に興味のある方は、こちらの動画もご覧ください。

3分でわかるアクティビティ・ケアVol.12 
【手工芸】脳活性化を促す バラのペーパーステンドグラスで日常生活に彩りを

岩手でアクティビティケア大会と受賞玩具お披露目

10/29・30 同時開催!東北ブロック大会&グッド・トイカフェ

■10回目を迎える東北ブロック大会、今年もふれあいランド岩手の皆様のお力添えで開催いたします!4つの実践の体験でスキルアップを目指します。

「アクティビティ・トイ」「インターバル速歩」では、心と身体を動かす実践を体験、

「年賀状」「スワッグ」の製作では、これからの季節に役立つ手作り作品のヒントが学べます。

 また、翌日の10/30(日)には、「アクティビティ インストラクター資格認定セミナー」を開催します。年に一度のこの機会に、ぜひ合わせてご受講ください。お待ちしています!

東北ブロック大会の詳細はこちらから

https://www.aptycare.com/forum_iwate.html

————————————————–

■なんと今回は、岩手グッド・トイ委員会(芸術と遊び創造協会 岩手支部)の皆さんによる「グッド・トイカフェ2022in盛岡」が同時開催!

遊びのスペシャリストが投票で選んだ受賞おもちゃ「グッド・トイ」を、実際に手に取り遊ぶことができます。

お子さまとご一緒に遊んでいただけますので、ぜひ、ご家族でお越しください。

東北フォーラムで学んで、気になったおもちゃの体験も、ぜひこちらで!

グッド・トイについてはこちらから

https://goodtoy.jp/