ABOUT

法人概要

MESSAGE

代表メッセージ

人間が初めて出会う芸術は、
おもちゃである

40年前に紡ぎ出したフィロソフィーは、東京おもちゃ美術館のネーミングに大きな意味を与えています。そのことからもわかるように、「芸術」と「遊び」は当法人にとっては、歴史的にも、具体的な活動実績から見ても、とても親和性が高いものです。

長い歴史の中で人間に生きる勇気と喜びを与え続けてきた「芸術」の意義は、あまりにも偉大です。一方「遊び」は、人類が生んだ最大の財産とも言え、健常児であろうが、病児であろうが、子どもの発育にとって、食事と同じように大切なものです。さらには認知症であろうとも、人生のフィナーレを輝かせるためには、遊ぶ文化は必須です。

「芸術」が持つ普遍的な力を「遊び」に融和させ、「遊び」の魅力を「芸術」と融合させることによって、「芸術」と「遊び」を創造的に掛け合わせ、化学変化を導き出してまいります。

TADA CHIHIRO

多田 千尋

特定非営利活動法人 芸術と遊び創造協会 理事長

東京おもちゃ美術館 館長

高齢者アクティビティ開発センター 代表

OUTLINE

法人情報

法人名 特定非営利活動法人 芸術と遊び創造協会
英語名 NPO Association for the Arts,Toy and Playing Activities
本部所在地 東京都新宿区四谷4-20-1 (東京おもちゃ美術館内)
役員/理事

多田 千尋 (東京おもちゃ美術館 館長/高齢者アクティビティ開発センター 代表)※理事長

馬場 清 (芸術と遊び創造協会 事務局長) ※副理事長

稲葉 恭子 (NPO法人青梅こども未来 理事)

大谷 忠 (東京学芸大学 教育学部 教授)

後藤 直人 (東京おもちゃ美術館 おもちゃ学芸員)

二瓶 健次 (東京西徳洲会病院 小児科 顧問)

丸山 智子 (元保育士/夏の芸術教育学校 絵画指導講師)

森 庸祐 (森医院こどもクリニック 院長)

山根 眞知子 (一般社団法人ユニバーサル志縁センター 監事)

善本 眞弓 (東京成徳大学 子ども学部 教授)

役員/監事

石橋 善一郎 (一般社団法人日本CFO協会 主任研究委員/株式会社常陽銀行 社外取締役)

川瀬 勝久 (東興ジオテック株式会社 特別顧問)

正会員数 約3000名 (2022年4月現在)
ボランティア数 年間のべ約10,000名
設立

1957年 芸術教育研究所設立

2002年 日本グッド・トイ委員会 設立

2005年 高齢者アクティビティ開発センター 設立

2017年 上記3団体が組織統合を行い芸術と遊び創造協会 となる。

主な受賞歴

「ロハスデザイン大賞」コト部門大賞 (2012年)

「READY FOR of the Year」大賞 (2014年)

「日本ファンドレイジング大賞」大賞 (2015年)

「低炭素杯」文部科学大臣賞 (2018年)

「総務省ふるさとづくり大賞」 (2019年)

事業・決算報告(PDF)

2021年度事業・決算報告

2020年度事業・決算報告

2019年度事業・決算報告

2018年度事業・決算報告

OUR HISTORY

沿革

1957

芸術教育研究所 設立

小学校教師や保育者とともに、子どもの絵画・工作・遊びを
はじめとする表現教育について実践研究に取り組む。

1984

東京都中野区に
おもちゃ美術館 設立

グリコのおまけから世界の民俗玩具まで、収蔵品100カ国10万点。
“見る・作る・遊ぶ”の3つの機能と共に、収蔵品の自宅への貸し出しが注目を浴びる。

1985

日本グッド・トイ委員会 設立

日本初の民間によるおもちゃの賞制度事業を開始。
おもちゃコンサルタント資格認定講座開始。

1986

高齢者の福祉文化活動 基本構想を提唱

1988

日本福祉文化学会の設立に参画

1996

  • おもちゃ病院連絡協議会(現:日本おもちゃ病院協会)の設立に参画。

2001

  • 病児の遊び支援活動を都立清瀬小児病院にて開始
  • 「おもちゃフォーラム」(現「東京おもちゃまつり」)を開始

2002

  • 介護者のための「AptyCare」フォーラム開催
  • 「遊びが育てる世代間交流」を発行

2003

  • 日本グッド・トイ委員会 NPO法人格を取得

2005

高齢者アクティビティ開発センター 設立

人生のフィナーレを輝かせるアクティビティ・ケア専門の機関を設置

2006

  • 「幼老統合ケア」発刊

2007

おもちゃ美術館、移転のため閉館

新宿区立四谷第四小学校が100周年と同時に閉校。「地域ひろば」の呼びかけで「市民の芸術活動推進委員会」と当法人ともに「四谷ひろば」を結成し校舎の活用を行う。

2008

東京おもちゃ美術館 開館

市民立ミュージアムの持続可能な運営を目指し、ボランティア制度「おもちゃ学芸員」、寄付制度「一口館長」を創設

2009

移動型おもちゃ美術館 本格始動

  • グッド・トイキャラバンとして全国巡回展を開始

2010

  • 林野庁の「木育」事業を受託開始
  • 移動おもちゃ美術館「木育キャラバン」開始
  • 「東京おもちゃ美術館」年間入館者数10万人を突破
  • 国税庁より認定NPOを取得

2011

  • 東京おもちゃ美術館内に「赤ちゃん木育ひろば」を開設
  • 東日本大震災 被災地支援「遊び支援隊」を結成。200ヵ所以上でプレイコーナー寄贈&広場を開催

2012

  • 新宿御苑で「森のおもちゃ美術館」開始
  • 「東京おもちゃ美術館の挑戦」発刊

2013

  • 沖縄県国頭村に「やんばる森のおもちゃ美術館」を開館
  • 「世界おもちゃサミット」を早稲田大学国際会議場にて開催

2014

  • 「木育サミット」初開催
  • ロシア国立玩具博物館と姉妹館協定を調印
  • 難病児向けの東京おもちゃ美術館 貸切り活動開始

2016

  • ミャンマー学び支援「BOOK&TOYライブラリー100」開始

2017

3つの組織が統合し、芸術と遊び創造協会となる

  • 「日本グッド・トイ委員会」「芸術教育研究所」「高齢者アクティビティ開発センター」の3つの組織が統合し、「芸術と遊び創造協会」となる。
  • 「日本伝承遊び辞典」発刊
  • 高齢者福祉施設の認定制度「アクティビティ・ケア宣言施設」開始

2018

  • ドイツ・ニュルンベルグ国際玩具見本市に出展
  • 「長門おもちゃ美術館」を山口県長門市が設立
  • Webマガジン「good us」創刊
  • ミャンマーにて移動型おもちゃ美術館「JAPAN TOY MUSEUM」開始

2019

  • ドイツ・ニュルンベルグ国際玩具見本市に出展
  • 会員の専門性と自主性を活かした芸術と遊び活動サポートプログラム開始
  • 香港の幼児教育施設への専門家派遣の開始
  • 難病児のための遊びセットの寄贈「あそびのむし」事業開始(協働:日本財団)
  • 子ども食堂の世代間交流化を目指す「食べる・遊ぶ・笑う こども食堂」開始
  • 伝統文化の家元が集結する「Gift For Children」東京おもちゃ美術館にて開催
    (協力:日本文化継承者協会)

2020

  • 「グッド・トイ」部門賞設立。初年度は「おうち遊び賞」など。
  • 保育士向け大型研修「夏の芸術教育学校」オンライン版を開始
  • 「東京おもちゃ美術館」3カ月の休館。緊急支援を募る
  • オンラインで交流をする「おもちゃゼミナール」開始
  • 一斉休校下での遊び支援「3分でわかるおうち遊び」動画を100本公開
  • 「花巻おもちゃ美術館」を小友木材店(岩手県)が設立

2021

  • 「東京おもちゃ美術館」2カ月の休館
  • 「焼津おもちゃ美術館」を静岡県焼津市が設立
  • 「徳島木のおもちゃ美術館」を徳島県が設立
  • 「檜原森のおもちゃ美術館」を東京都檜原村が設立

2022

  • 「福岡おもちゃ美術館」を設立
  • 「やんばる森のおもちゃ美術館」運営を引き継ぐ
  • 「木育サミット」第10回記念大会。県版は沖縄開催
  • 「讃岐おもちゃおもちゃ美術館」をNPO法人わははネットが設立
  • 「木曽おもちゃ美術館」を長野県木曽町が設立